▶︎今すぐ商品を購入する

安心の講座提供から30日間の返金保証

ビデオはダウンロード可能


販売限定価格

39800円(税抜)

ホーム 会社概要 |  特定商取引法上の表記 |  プライバシーポリシー |  株式会社経営科学出版 サポート |  利用規約

掲載の情報・画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。
大阪府大阪市中央区安土町2丁目3-13大阪国際ビルディング13F  TEL:06-6121-6211 FAX:06-6268-0851
Copyright c 2013 株式会社経営科学出版. All Rights Reserved.

本講座は、三橋貴明が疫病によって人類の歴史がどう変えられてきたのかを解説した講座です。2020年は、コロナウイルス のパンデミックによって世界大恐慌とも言える被害を被りました。ですが、世界の歴史を振り返ってみると、このように疫病によって歴史の大転換と言えるような出来事が何度も起きているのです。人類の歴史は疫病によって左右されてきたと言っても過言ではありません。コロナウイルスのパンデミックによる歴史の転換期とも言える今だからこそ、過去の歴史から学び、世界はこれからどこへ向かうのか?日本はこれからどうしていけばいいのか?この講座では、このような疫病と人類の歴史について徹底的に解説していきます。

『日本は覇権国になる力がある』

経世論研究所所長

三橋貴明

91%が満足の顧客サポート
48時間以内に対応します
私たちのカスタマーサポートチームは91%のお客様から4つ星以上、そのうち81%が最高の5つ星の評価を頂いています。実際、休業日除く48時間以内にはメールでの対応がほぼされます。なので安心して取引いただけると思います。
まずは30日間、ご自身の目で確かめてみてください。そして万一、あなたの期待と違ったという場合は、講座提供日から30日間ならたとえ全て見終わった後でも、電話一本、メール一本で注文をキャンセルする事ができ代金は100%返ってきます。
なので安心して試してもらうことが
できるでしょう。
30日間品質保証
メール一本で注文取消可

100%返金保証

▶︎今すぐ商品を購入する

講座の受講料は?


少し考えてみてほしいのですが、過去、何千年という歴史の史実を確認し、網の目のように複雑に絡み合う国の関係性を把握しつつ、疫病や経済の視点からまとめあげる...個人でそれを行おうとすると、果てしない労力がかかります。
そして、その分析には途方もない時間と労力がかかるだけでなく、自力で正しい情報にたどり着ける保証すらありません。
この講座では、三橋貴明があなたの代わりに、一連のリサーチ・分析を行ってくれていると考えてください。 正直に言うと、どの書籍を読んでも事実誤認を起こしている主張は多く、また高い授業料を払って受講する大学の講義でも、疫病と人類の歴史を経済に絡めて読み解く講義を受けることはできません。
つまり、それほど価値のある希少な内容ということです。
ですが、このような内容を少しでも多く方に手にしていただきたいと思い、
この講座の通常販売価格は39800円(税抜)にしました。
 

三橋貴明は、事実やデータにもとづく分析に定評があります。 かつて日本が輸出依存国だと言われていた頃、数値を根拠に「日本は内需中心の国だ」ということを証明。それによって経済産業省も「日本は輸出依存国ではない」という発表を行いました。 事実やデータをもとにした分析は、経済の知識がない素人が聞いてもわかりやすく人気があることから、三橋貴明への出版の依頼は止むことがありません。 一般の著者が、年に1冊本を出せばいいところ、三橋貴明は毎年10冊近い執筆を続けてきました。(合計100冊を超えています) その手腕は政府も認めていて、与党幹部へのレクチャーを行うこともあります。そんな三橋貴明が世界大恐慌について解説していきます。

12年間で
118万人以上が利用
私たちのグループでは2018.09時点で、過去12年間で累計118万95人のお客様に、このような商品サービスを提供してきました。あなたが初めてではありません。ですから安心して試していただけると思います。

この講座は販売するにあたって30日間の100%完全返金保障をつけることにしました。実際にいくらいい商品だと言っても、本当に値段にあったものなのかどうか、判断しようがないと思うのは当然です。そのため、お客様にとって最も良いのは、まず手にとって視聴していただくことだと考えました。そこで、1人でも多くの方に安心していただくため、「100%完全返金保証」をつけることにしました。

講座提供から30日間は、講座を全て見たあとであっても、思ったものと違うと感じたら、いつでもキャンセルすることができ、代金を全額お返しします。もちろん罪悪感のようなものを感じていただく必要はありません。つまり、あなたには、豊富な知識を手に入れ、世の中を見る視点を180度変えることができるか、もしくは100%全額を返金してもらうか、この2つのうちのどちらかしかありません。まったくのノーリスクです。

もちろん、返金にあたっては、あなたが困るような質問等をすることは一切ありませんし、返金の理由をいちいち聞くこともありません。講座提供日から30日以内にお電話、メール、FAXなどお好きな方法で「解約します」とご連絡をいただけければ、最短2~3営業日(つまり、土日、祝日以外)で返金させていただきます。

「大事な情報なのに、なぜ無料で出さないのか?」こういった講座を販売していると、そういった声も少なからずいただきます。そうしないのには、2つ理由があります。

1つ目の理由は、広告や無料公開しているyoutubeでも情報統制が厳しくなり、情報を広めるためのメディアが少なくなってきたことです。
Googleをはじめ、メディアはグローバル企業であるため、彼らにとって都合の悪い情報を発信していると、突然の広告停止などが起きてしまいます。「グローバル化によって自由になる」と言われていましたが、逆に規制が厳しくなっているのが現状なのです。
だからこそ、今回の講座は誰しもが見られる無料のメディアではなく、「信頼に足る情報には、お金を払う価値がある」とご理解頂けているあなたのような方に、有料講座としてご提供することにしました。

2つ目の理由は、私たちは正しい情報をより多くの人に届けたいと考えているから
をです。
そのためには、無償で活動するということでは限界があると考えています。なぜか? 理由は簡単です。どのようなことであっても、慈善活動では社会に大きなインパクトを与える事はできないからです。
例えば、ノーベル賞を受賞した日本人の方々も、国からの資金なしでは世の中のためになる研究を続けることはできません。資金があるからこそ優秀な研究員を雇い、うまくいくか分からないことに投資をし続けることができます。

しかし、現在は国の緊縮財政による研究資金の不足により、今後十数年もすれば、ノーベル賞を受賞する日本人はいなくなるのではないかとも言われています。
このように真実を追求する活動には、ある程度の資金が必要になってきます。資金を寄付やスポンサーに頼る選択肢もありますが、そうすると、大企業に忖度する大手メディアと同じく都合の悪い情報を隠すことになってしまうかもしれません。

仮に慈善活動のみで活動しようとすると、真実を広めるためには途方もない時間がかかってしまいます。また三橋貴明氏の言論活動を守り、価値ある情報を長期間に渡ってお届けすることができなくなるかもしれません。だから私たちは敢えて活動をビジネスにしています。

さらに、得た利益を講座の開発・広告投資に回すことで、世の中へ最高の知識を持続的に広めることができるそう、われわれは信じています。
例えば得た利益によって、Youtubeチャンネルである三橋TVを運営できていますし、Youtubeチャンネルに広告費をかけることで、より多くの人に無料の動画を広めることもできています。また、三橋貴明の書籍をネット広告に出して、原価と送料のみの安価で多くの方に書籍をお送りすることもできています。

また、講座を有料にすることは、実は受け取る側にとってもメリットがあります。学ぶ姿勢が大きく変わるからです。あなたも経験があるかと思いますが、無料で読めるニュース記事や、無料のネット動画はサラっと読み飛ばしますが、身銭を切って購入した本やセミナーは、元を取ろうと必死で読み込むのではないでしょうか?
学びの本気度が全く違うので、情報の吸収力。それを活かす力も段違いになります。
「知識への投資は常に最高の利息がついてくる」
そうアメリカ建国の父、ベンジャミン・フランクリンが言うように、車やスーツ、時計などの消耗品を買うのとは違い、払った以上のリターンを着実に得ることができるでしょう。

結局のところ、限りある時間の中で、どれだけ密度の濃い時間を過ごせるかどうか。自ら身銭を切って、いろんな情報を吸収しているあなたなら、きっとお分かりいただけると思います。

なぜ無料で提供しないのか?

岐路に立たされた日本に残された道

疫病の歴史を振り返ってみると分かるように、コロナウイルスのパンデミックによって、今、世界は岐路に立たされています。ですが、歴史を振り返ってみると、このように疫病によって人類が歴史が何度も大きく変わっています。疫病によって岐路に立たされた先人たちは、何をしたのか?そしてこのような危機的な状況が人類に何をもたらしたのか?

このような疫病と人類の歴史について知らなくても、何となく流されて生き延びていくことはできるかもしれません。でもその状態は、自分が、世界や日本がどこに向かっているのかもわからず、溢れる情報にただ翻弄されるだけ。 例えるならば、何の知識もなしに大海原の航海をしているようなものです。 

正しい知識がない状態なら、どれだけ考える能力がある者であっても、遅かれ早かれ遭難してしまうことでしょう。 しかし、星や雲の動きについての知識、天候と航海術に関する知識があれば、何とか航海を続けていくことが可能です。

世界は、日本はどこに向かっているのか?どうすればこの危機を乗り越えることができるのか?
時代の転換期において、デマや偏った情報に流されることなく、このような正しい知識で武装することで、迫りくる混乱に備え、自分や自分の大切な人を守ることもできるのではないでしょうか?

あなたがメディアや政治家が発信するデマが混じった情報を信じ、混乱する人々の空気に流されて生きていくのか?
それとも、今までは目隠しされて見えていなかった疫病と人類の歴史の真実を知り、正しく世の中を見る目を養うのか?
どちらの道を選ぶかはあなた次第です。

どうか、あなた自身や家族、そして子供達や未来の日本のために、価値ある選択をしていただければ幸いです。 

講座提供から30日間の完全返金保証がついています

▶︎今すぐ商品を購入する

講座提供から30日間の完全返金保証がついています

▶︎今すぐ商品を購入する

講座提供から30日間の完全返金保証がついています

1

「人類vs古代ウイルス」

神として崇められた疫病がもたらした惨劇

「古代エジプトの遺跡に刻まれた破壊神」人類と疫病の戦いの始まり

講義1

「史上初の徴兵制とナポレオン戦争の悲劇」屈強な農村の兵士が次々と倒れた謎

講義2

講義3

「パンデミックが招いたローマ帝国の滅亡」グローバル主義者のローマ王が見落とした”ある視点”とは

「記録上最古のペストと新興宗教」なぜペストがキリスト教徒を爆発的に増やしたのか?

講義4

2

「ペスト大流行と世界最古の生物兵器」

なぜ人間の死体が兵器と化したのか?

3

「伝染病が創り上げた偶然の征服者」

疫病による死を乗り越えたヨーロッパ人と滅亡した南北アメリカ大陸原住民

「抗体と大陸の地形」疫病で滅びたアメリカ大陸と生き延びたユーラシア大陸の唯一の違い

講義9

「コロンブス到来と消滅した大帝国」なぜ168人の兵士で大国を滅ぼすことができたのか?

講義10

講義11

「MMTを悪用した奴隷制度」スペインがアメリカ大陸を支配した2つの方法とは?

「植民地制度と中国王朝の共通点」疫病が国家制度を狂わせる理由

講義12

4

「黒死病と産業革命」

ヨーロッパ人の大量死が現代資本主義経済の発端となったカラクリ

「疫病と資本主義の誕生」人類の運命を変えた1347年の悲劇

講義13

「ペスト大流行と農業革命」疫病が最も流行った国が最も生産性向上を果たした理由

講義14

講義15

「強欲なイギリス東インド会社の功罪」世界のルールを変えた歴史的大転換とは?

「覇権国イギリスを成立させた3つの条件」疫病の大流行が産業革命を引き起こした理由

講義16

「疫病とアダムスミス・国富論」1人あたりのGDP成長がパンデミックを引き起こす理由

講義5

「ペスト大流行のカラクリ」地獄の14世紀を暗示する“海のシルクロード”の発展

講義6

講義7

「ペストが狂わせたイスラム教1500年の歴史」99%の日本人が知らない“ペスト第1波”の脅威

「数千万人を殺した死体を使った兵器」ヨーロッパ人を道連れにしたモンゴル軍の愚行とは?

講義8